BLOG
Home ホームページ制作 ホームページ集客のキモ!制作後の運用をプロ目線で解説
a

目次

ホームページ制作後の運用について

昨今のインターネット社会ではほとんどの会社や店舗がホームページを持っています。しかし、日々大量に制作されるホームページの中には、作ったままほぼ運用されてず放置されているようなものも多くあります。これは、せっかくページを作ったのに非常にもったいないと言わざるを得ません。ホームページは作って終わりではなく、日々運用することが大切です。むしろ、作ってからがスタートなのです。今回はホームページ運用における基本をざっくりと解説します。

ホームページの運用

ホームページの維持と管理

ホームページからのクレームや問い合わせへの対応

ホームページかの問い合わせは、単純な注文や質問だけではありません。

クレームや無理難題の要求などがくることも当然あります。

これらの問い合わせに適切に対応することもホームページ運用の一つです。

ここでの対応は会社や店のイメージにも繋がりますので、内容に合わせて丁寧に対応しましょう。

ホームページの維持と管理

サーバー・ドメイン

まず、ホームページを維持・管理する上で必要な最低限のことから説明します。必ず必要になるのは、ドメインとサーバーの契約を維持することです。これらの契約のうちどちらかだけでも切れてしまうと、ホームページは表示されなくなってしまうので、契約更新の時期や支払い方法の確認等を確認し、不備の内容にしておきましょう。サイト内にWordpress等のシステムを導入している場合は、システムの更新も必要になってきます。

更新にはセキュリティの向上やエラーの修正などの重要な内容が含まれていることが多いので、定期的にアップデートすることをおすすめします。ただし、稀に運用中のサイトと更新内容がうまく噛み合わず、不具合が出ることがありますので、更新前に更新内容をある程度確認しておくとより安心です。

ホームページからのクレームや問い合わせへの対応

ホームページかの問い合わせは、単純な注文や質問だけではありません。クレームや無理難題の要求などがくることも当然あります。これらの問い合わせに適切に対応することもホームページ運用の一つです。ここでの対応は会社や店のイメージにも繋がりますので、内容に合わせて丁寧に対応しましょう。

コンテンツの内容の更新で集客強化

日々更新されているサイトと何年も更新が途絶えているサイトでは、見た人の印象が大きく違います。

サイト内に非常に魅力的なサービスが載っていても、更新が何年も前では、利用者はそれが現在も運用されているサービスなのか不安になってしまします。これではせっかく見てもらえても、成約に繋がりにくくなってしまいます。これを防ぐために、新商品の情報を載せたり、ブログ記事を追加することが必要になります。長期休暇のお知らせを載せるだけでも、効果があります。

どうしてもサイトへのコンテンツの追加が難しい場合はSNSを利用するのも有効です。各種SNSはサイトに埋め込むことができますので、SNSを更新するだけでサイトの表示が新しくなります。このように、ホームページが常に運用され、稼働していることを利用者に示すことが重要なのです。

Web広告について

上記の方法以外に、リスティング広告やバナー広告といった有料サービス(Web広告)のオンライン広告を利用することでも集客力を上げることができます。

これらのサービスは有料なだけあって、うまく使えば爆発的な効果を得ることも可能です。しかし、これらサービスも料金に対して最適な効果を得るためには、日々のサイト分析が欠かせません。お金をかけてWeb広告を利用した場合もサイトの運用が必要なくなるわけではないのです。

まとめ

ここまでホームページは作って終わりではなく、そこからの運用が非常に重要であるということを説明してきました

運用にはサイトの維持・管理から始まり、コンテンツ内容の更新、分析と最適化など、しなければならないことが多くあり、面倒に感じる人も多いかもしれません。

しかし、競合他社がたくさんいるネット環境の中で他のページとの差別化し、独自性を得るためには必要不可欠なことでもあるのです。

制作したホームページの効果をいまいち感じられないという人は、ぜひ参考にしていただければと思います。