BLOG

ホームページリニューアルまでの期間

目次

ホームページのリニューアルは何年を目安に行えばいいか

ホームページリニューアル

ホームページのリニューアルはビジネスモデルや業種、ターゲットによって異なります。基本的にどの業種にも当てはまる年数として5年というのが一般的かと思います。WBEのデザインや業務の内容の変化などに応じて改修すべきポイントは変わります。少しの変化であればテキストの変更で対応可能ですが、重なる場合はリニューアルを行うことで一気に刷新を図る方が効率的な場合があります。5年という数字はその様な時代の変化も加味した年月です。

ホームページリニューアルの必要性

何か新しい事業を始める際、真っ先に思い浮かぶWEB施策がホームページ制作という方も少なく無いかと思います。実際ホームページは現在でもコンタクトまでの最後の砦のような存在です。WEB上にあるどの情報よりも詳しく自社の情報が載っているのがホームページなので、単価が高いものであればあるほどホームページを閲覧してからの問い合わせは多いです。 なぜホームページからの集客や求人の成果が出ないと悩まれている方が多いのでしょうか。

理由として、一番多くあるのが作りっぱなしであるというケースです。

ホームページはあくまで集客ツールの一つであり、実は単体ではほとんど集客効果はありません。

私がお客様にご案内させて頂いている表現を用いると、WEB上の営業マンを作り上げていくのがWEB戦略ですが、ホームページ制作したというのは初めの1歩です。営業でも同じですが、営業マンがいるだけではなんの意味もなく、アポを取得して、商談があり契約という流れがほとんどかと思います。ホームページも同じで営業できる状態に持っていってあげることがWEB戦略では重要です。リニューアルを行う事で最新のWEBマーケティングを実施する環境を設計することが出来るので、新たにWEB集客を始める企業にもおすすめです。

 

メリット

レスポンシブ

インターネットといえばPCの時代から今ではスマホが主流になっています。スマホに対応していないサイトは見辛いのは勿論のこと、SEOの評価でも不利となります。レスポンシブ非対応のサイトは早急にリニューアルするべきです。

CMS

コンテンツマーケティングシステムの略称で、更新できるホームページという意味です。更新することのメリットは、ブランディング、SEO、顧客教育など多岐に渡ります。WEBマーケティングの基本はコンテンツですので、未導入の場合はリニューアルの際に相談してみてください。

SSL

セキュリティー対策のことで、スマホで閲覧する際に、URLの部分が下記画像(画像)のような表示になってしまいます。当然ながら、信用を失ってしまうため、こちらも対応するようにしましょう。

SNS連携

前途の通り、SEO対策だけでは取りこぼしが多く、また、能動的且つ簡単に運用できるSNSはぜひ、運用し、そのSNSとホームページを連携することで、効果的にホームページ閲覧者を増やすことができます。
デザイン:デザインの刷新によって、ブランドイメージの向上効果もあります。どれだけ店内や商品が見事なものでも、『サイトがダサい』ただそれだけで大きな機会損失を生んでしまい、この点に関しては人材獲得にも影響します。ほとんどの求職者はホームページをの閲覧後に求人に応募します。その際にどれだけ自社の良さを感じ取ることができるかが、ミスマッチを防ぐひとつの方法です。

情報の刷新

数年前に制作したっきりで、現状の社内の実態とかけ離れたサイト内容になっている企業様を多く見かけます。当然ながら、どの業界にも流行り廃りがあるので、現在の実態にあった自社サイトにリニューアルすることで、狙っているターゲットに的確にメッセージを伝える事ができます。

デメリット

SEO

少し高度な話になってしまいますが、SEOは様々な条件のもと日々変化しています。その大きな要因の一つにドメイン(URL)の年齢やURLの適正化などがあります。
これらはリダイレクトという方法で回避することが一般的ですが、例えば社名の変更に伴ってURLも変更したいなどの場合は以前まで使用していたURLの評価を引き継ぐことが出来ないため、初めからコンテンツを作り直さなくてはいけません。基本的にはURLは現在のものを転用することをおすすめ致します。

現代のホームページの相場

ホームページ制作の相場

ホームページを作ったのが10年前という企業も珍しくありません。当時では数百万の初期費用に管理費用が月額数十万円というものも珍しくありませんでした。ただ、現代では初期費用無料のテンプレート制作で月額数万円〜などニーズに合わせて依頼することができるようになっています。制作の相場は以下をご参照下さい。

ホームページ制作の相場

安いものに飛びつくのではなく、しっかりとニーズを満たしてくれる会社を探すことをオススメ致します。弊社では低価格帯のテンプレート制作から中間価格帯のオリジナルデザインサイト(100万円前後)の制作を中心に対応しております。

 

 

ホームページリニューアルのタイミング

リニューアルのタイミングとしては様々、企業様ごとあるかと思いますが、制作側からのリニューアルの目安をお伝え致します。

制作会社から集客に関するサポートがなくなった

こちらに関してはリニューアルすべきというよりも、制作会社がどこまで対応してくれるのかを把握して、自社のWEBマーケティングに最適の会社に依頼します。
基本的には運用もサポートしている会社がほとんどかと思います。もし、現在の成果に疑問に感じるようであれば、他者への相談も検討してください。

会社の規模拡大

最近はフリーランスや個人の方などが格安で制作してくれるサービスや素人でも簡単にホームページを作れるサービスが沢山存在します。
一流のデザイナーが制作したおしゃれなサイトであっても運用ができなければ全く意味を持ちません。

個人の方に依頼する場合や、制作のみを依頼するなどはスタートアップ期にコストを抑える方法としては賢い選択の一つですが、将来的にはプロと併走して運用する事をオススメ致します。

WEBの更新方法がわからない

こちらは致命的な例ですが、例えば求人情報を掲載したいが、自社サイトの操作方法がわからない。制作者との連絡も途絶えてしまって更新が出来ないなど、情報を伝えるという役割を果たせなくなった場合は出来るだけ早い段階で制作会社に相談してください。リニューアルでなくても操作方法や軽い修正や編集などは行ってくれる会社などに依頼する事で常に最新の自社情報を掲載できます。

公開してから5年以上経っている

大体の目安ですが、ホームページのリニューアルはデザインや時代の変化に応じて5年ほどが寿命となることが多いです。近年であればスマホ対応必須などSEO対策のトレンドも年々変化しています。そういった意味でも長くても公開してから5年ほどでリニューアルを検討される企業様が多いです。

まとめ

ホームページのリニューアルのタイミングには色々な機会があります。しかし、本格的なリニューアルを行う場合、高額になってしまいますので、流石に毎年のリニューアルを行うことは難しいがと思います。客観的に見て情報が古い場合、スマホに対応できていないなどの時代に追いつく事ができていないホームページはとても大きな機会を逃す恐れを孕んでしまいます。そのような場合は年数関わらず、早急にリニューアルすることをオススメします。基本は自社のスタイルに合わせて的確なタイミングでリニューアルを行いましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
人気の投稿
最新のマーケティング情報を発信しております。発信許可をいただけますと定期的に更新情報をお知らせ致します