BLOG

『初心者』SNSマーケティング

SNSマーケティング

SNSマーケティング

SNS(Social net working)身近なもので、LINEなどもSNSに含まれます。

現代では、SNSを利用することが当たり前ようになっており、日本人の老若男女約8割が利用しているとも言われています。今までBLOGで得ていた情報が当たり前のようにアプリ内で共有される。そんなプラットフォームが出来上がっており、もはや検索エンジン同様無視することのできない市場となっています。

国内主要SNS
LINE
Twitter
Facebook
Instagram

これら四つのメディアが日本のSNS市場で代表となるSNSです

SNSマーケティングとは

マーケティング

SNSマーケティングとはその名の通り、SNSを用いて、自社の認知を広めていく戦略と言えます。
その中でも自社の強みを理解し、どの層をターゲットに選定するのかなどで選ぶ主要メディアは大きく異なります。下記が各社の特徴です。


この特徴を理解した上で、何をゴールにするのか、どの層をターゲットにするのじ

商品を販売することを木浦yとしたま
SNS特徴があり、自社に合わせた市場選びを行うことで効率的な効果を実感することができます。

成功例
ハーゲンダッツ

Instagramの成功例

それぞれのSNSの特徴を理解し、運用を行うことで話題性や新たな顧客の獲得に限らず、下記Instagramの例のように画像で訴求することで、リピートを獲得することに成功しています。

自然検索との違い

SNSとgoogle

自然検索対策(SEO)、事業をされている方なら一度は耳にしたことがある単語かと思います。
一昔前まで、『インターネットで情報を取得する=グーグルで検索』が常識でした。それが、SNSを利用する人口が8割に達し、そのうちSNSから情報を取得するユーザーが約8割とのデータが出ています。(そーす)

一昔前まで、SEO対策だけで賄えていた、集客が分散している状況にあると言えます。

時代の流れコンテンツ

未来

時代の流れとして、SNSの力がより強くなることは現状からも予測できます。
弊社でも『今回のコロナ騒動で改めてSNSの重要性を感じた』という様な声をいただく程、重要な存在となっています。
ただ、私たちがご支援させて頂いている中小規模の事業者様にとっては非常に好都合なな市場を考えております。
今まで、資金の問題でWEB集客を諦めていた企業が少額でもコンテンツのクオリティで勝負できる。そんな時代になっており、一昔前のSEOという分かりにくい指標とは違い、フォロワーやエンゲージメント(反応率)などが目に見える形となり、力のない企業にとっては非常に好都合と言えます。

まとめ

SNSマーケティングはゴールを正しく設定することで、短期間で費用を必要としない集客ツールを育成できる。そんな力を持っています。
『いきなり全てを自社で行うことは難しい』そんなお悩みも弊社では無料でご相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
デメリットとして、炎上などのリスクもあり、広がりやすいという性質上難しい運用が求められます。少しづつ広がっていくSNSのマーケットをいかに利用するかを求めらることになります。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

最新のマーケティング情報を発信しております。発信許可をいただけますと定期的に更新情報をお知らせ致します