BLOG

『入門』コンテツマーケティング

コンテンツマーケティングとは

近年マーケティングの手法がオークションマーケティングからクオリティーマーケティングに移行しつつあります。

コンテンツマーケティングとは以前よりアメリカで取り入れられていた手法で下記の定義がコンテンツマーケティングの生みの親によって見出されている。

“Content marketing is a strategic marketing approach focused on creating and distributing valuable, relevant, and consistent content to attract and retain a clearly-defined audience — and, ultimately, to drive profitable customer action.”

和訳
コンテンツマーケティングとは、適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方である。見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的とする。

https://contentmarketinginstitute.com/what-is-content-marketing/

極端に噛み砕くと、ブログやSNSYOUTUBEなどコンテンツ(情報)を発信すること、それを続ける事で信頼得る。そんな手法である。

 

コンテンツマーケティングとは

マーケティング

コンテンツマーケティングの目立つ例として、メガネのメディア、OMG Pressをご紹介致します。
https://www.ohmyglasses.jp/blog/

メガネ専門メディアならではの切り口で、おすすめのメガネやサングラスの紹介やそれぞれの地域ごとにおすすめのメガネショップを提案する事で支持を得ています。

コンテンツマーケティング

メガネ専門メディアならではの切り口で、おすすめのメガネやサングラスの紹介やそれぞれの地域ごとにおすすめのメガネショップを提案する事で支持を得ています。

ここで参考になる特徴として、ユーザーはこのメディアを運営している人物の日常や感想などではなくメガネの専門家としての意見を求めている点です。
よくあるコンテンツマーケティングの失敗例として、運営者の感想や思いが入りすぎて専門性に欠けてしまうコンテンツを発信してしまい、興味をそいでしまうという例です。まず、どういった方向性でコンテンツの発信を行なっていくのか、どういった目的があるのかがコンテンツマーケティングにおいて非常に重要な要素となります。

コンテンツマーケティングの手法

SNS

コンテンツマーケティングには基本となる入り口が必要です。下記が商品に興味のないユーザーを例に購入をCVとしたコンテンツマーケティングのフローです。
入り口によりターゲットや目的も異なります。(それぞれの特徴は別記事で紹介します)

拡散力*SNS

コンテンツ力*BLOG
信用度*YOTUBE
速攻度*広告

弊社調べ

 

コンテンツマーケティング

これらの媒体から、
認知→信用→検討→購入→拡散→認知

という流れでCV(購入)に繋がります。

人は様々な検討要素の中に自然と信用という要素を組み込んでおり、その点が購入直前の検討というフローにおいて非常に重要な役割を果たします。

ここで重要なのは、例え大企業が発信する情報でも、個人が発信する情報あっても、内容の密度や分かりやすさなどが直でコンテンツの価値となりやすく、拡散に繋がるのかという点です。今まではこの拡散に費用が必要だった訳ですが、これがコンテンツ価値次第でタダで可能になるという事です。
もちろん、最初から完璧にコンテンツを完成させることができるかたは殆ど居ない為、最初の半年間などコンテツに力が付くまで、コンテンツマーケティングに特化した運用を専門に行なっている専門家に依頼する事をお勧めいたします。その後しっかりと力のついたコンテンツを運用していく為に、それまでプロに相談しながら、コンテツ力を高めていく事で長い目で費用のかからない集客が可能となります。

まとめ

マーケティングのゴール

基本的にコンテンツマーケティングとはその情報が必要な人にとって必要な情報を届ける事で、信頼を得ることにあります。お金のない事業者がWEBで負ける時代から、専門性を持った情報を届けることができる専門家が勝つ時代に変化しています。

コンテンツマーケティングで重要なことは『発信し続けること』私含め、やはり継続がとても重要となります。
それでは、皆様のコンテンツの健闘を祈っております。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

人気の投稿

最新のマーケティング情報を発信しております。発信許可をいただけますと定期的に更新情報をお知らせ致します