BLOG

オフライン広告の種類

オンライン広告との大きな違い

オフライン広告

メリット

・選ぶによってはリーチ数が多い
・地域を確実に絞れる


デメリット
・費用が高額になるケースがある
・意図しないターゲットの手に渡ることも多い

オンライン広告との大きな違いはやはり、ターゲティングし辛い傾向にあることが特徴です。しかし、活用方法によってはとても効果的です。今回はそんなオフライン広告について簡単にまとめました。

オフライン広告の種類

・TVCM
・新聞広告
・交通看板
・チラシ

TV CM

広告として最もポピュラーな形式のTVCM、有名人の起用などを考えると費用が莫大になります。

メリット

・ブランディング
・多くの人にリーチ可能


デメリット
・費用が莫大(数百マン以上~)
・炎上などの配信リスクが高め

新聞広告

新聞広告や雑誌の広告は比較的、属性(年齢や性別など)をターゲティングしやすい傾向にあります。

メリット

・媒体の利用属性をあらかじめ選定可能なので、ターゲティングし易い
・媒体によってはブランディング効果もある

デメリット
・目に留まりにくい

・費用対効果を図り辛い

交通看板

街中で見かける広告です。店頭看板などもその一つです

メリット
・リーチ数がおおい
・場合によって、即売上に繋がることも多い(店頭看板など)


デメリット
・出稿場所を間違えると全く意図しないユーザーに配信することになる(オフィス街の駅で専業主婦向けの広告など)
・地域によっては店頭看板を出せない

チラシ

ご自宅にチラシが入っていて捨てることも多いかと思いますが、このチラシがオフライン広告では非常に始めやすいです。

メリット
・小額からでも配信可能
・特定の地域だけなど絞り込める

デメリット
・比較的にユーザーからは嫌われやすい
・意図しないユーザーに渡る

まとめ

オフライン

オフライン広告とオンライン広告の大きな違いはオフライン広告では、『効果を直接計測することができない』『ターゲットの興味趣向などまで絞り込むことができない』その代わりに『リーチを増やすことができる』『始めるハードルが低い』

上記がオフライン広告のオンライン広告に対する大きな違いです。
例えば、自社の目的が『地域のサラリーマンに認知して欲しい』であれば駅前でチラシを配る、駅の看板広告を利用するなど目的に応じて活用できます。

広告の基本は様々な媒体を試すことにあります。オンラインもオフラインも活用して自社にとってより効果的な方法を探すことがとても重要です。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

人気の投稿

最新のマーケティング情報を発信しております。発信許可をいただけますと定期的に更新情報をお知らせ致します